木のこと家のこと 石井工業株式会社

千葉県で国産材の注文住宅なら石井工業(株)にお任せ下さい。100%の国産無垢材山武杉と自然素材が持つぬくもりを大切にし、製材から施工までの一貫した責任体制をとっております。

*

新規就農を考えるなら支援も充実している山武市へ~新規就農者向けバスツアー開催~

      2017/02/16

皆さんこんにちは。

今日は地元である千葉県山武市のイベント情報を

一つ紹介したいと思います。

 

近年新規就農者が何かと話題となる事が多いですが、

実は、山武市には多くの新規就農者の方がいらっしゃいます。

 

そして、山武市では新規就農者に向けた企画を

いくつか考えており、3月には新規就農者に向けた

バスツアーを企画することになりました。

SPONSORED LINK

3月11日 新規就農者向けバスツアー do you 農さんむ? 開催

山武市外に住む方を対象として、

山武市での定住・就農希望者または

農業法人就職希望者に向けたバスツアーを

開催します。

 

今回実際に山武市に移住し、就農されている

言わば先輩就農者の農地を見学し、

 

・新規に就農するに当たって大変だったことは何か。

・どうして山武市を選んだのか。

・補助金などの手続きはどうなのか。

 

など、これから新規就農をする人に向けて

役に立つ内容を中心に取り組むバスツアーです。

 

また、新規就農者には国からの補助金として

青年就農給付金

というものがあります。

今回、山武市役所だけでなく、

千葉県の機関である千葉県農業事務所の方々の

ご協力を得て、市や国といった行政側

からの支援内容についても

説明をして頂ける時間をとりました。

主催である山武エコノミックガーデニング推進協議会とは何ぞや?

チラシの下に主催の名前が書いてありますが、

この山武エコノミックガーデニング推進協議会とは

そもそもどんな団体なのでしょうか?

 

という私も、メンバーの一人なのですが・・(笑)

エコノミックガーデニングとは?

エコノミックガーデニングとは?

エコノミックガーデニングは、

1980年代後半にアメリカのコロラド州リトルトン市で初めて実施され、

試行錯誤を繰り返しながら15年間で雇用2倍、

税収3倍を実現したことで注目を浴びた

地域経済活性化施策で現在では

全米の多くの都市に広がりを見せています。

この手法では、

企業誘致だけに頼るのではなく、

地域の中小企業が成長することによる地域経済活性化を目指すこととしており、

そのために行政や商工会議所、

銀行などが連携しながら地元の中小企業が

活動しやすく成長できるようなビジネス環境を

つくるための施策を展開していきます。

日本においては、

静岡県藤枝市が平成23年度から、

徳島県鳴門市が平成24年度から、

さらに大阪府が平成26年度から導入準備を始めているほか、

多くの地方都市で検討や研究が進められています。

また日本での実施にあたっては、

日本独自の企業風土や地域の産業特性にあわせた

実施方法をとることが必要とされています。

山武市がエコノミックガーデニングに取り組むこととなった背景は?

推進体制イメージ図

市の産業は、

商工業ともに商店数・事業所数、従業者数、商品販売額・製造品出荷額が

減少している状況です。

そして、このような傾向は、

将来的な人口減少や高齢化の進展により、

ますます進む恐れがあります。

持続可能な社会をつくるためには、

中小企業の成長による雇用の創出や税収の増加が必要不可欠と考え、

山武市および民間経済団体、エコノミックガーデニングに関心がある方をもって、

2014年(平成26年)に山武市エコノミックガーデニング準備委員会が組織されました。

さらに2016年(平成28年)4月には、

「さんむエコノミックガーデニング推進協議会」が組織されました。

さんむエコノミックガーデニングHPより引用

山武市では、

行政と民間が一つになって地域活性化

に向けた取り組みを目指しています。

 

その中の手法の一つとして

エコノミックガーデニングというものを

参考にしながら現在様々な取り組みをしているわけです。

 

もちろん、今回の新規就農者バスツアーも

このエコノミックガーデニング活動の一つです。

 

その他の活動はこちらから

 

 - イベント情報, エコノミックガーデニング, コラム 木のこと家のこと, トピックス, 山武市情報, 更新情報 , , , , , ,