木のこと家のこと 石井工業株式会社

千葉県で国産材の注文住宅なら石井工業(株)にお任せ下さい。100%の国産無垢材山武杉と自然素材が持つぬくもりを大切にし、製材から施工までの一貫した責任体制をとっております。

*

東洋大学の学生による地域活性化プロジェクトin山武市~グランドサンムプロジェクト~に携わりました

   

皆さんこんにちは。

先日、東洋大学の学生が主体となって開催した

GSP(Grand Sammu Project)なる企画があり、

私も市内業者のスピーカーとして参加させて頂きました。

 

携わった身として、山武市内でこういった活動が

行われているという事実を皆さんにも知って頂きたく、

今回紹介させて頂きたいと思います!

SPONSORED LINK

グランドサンムプロジェクト(GSP)とは何か?

グランドサンムプロジェクト(以下、GSP)とは、

東洋大学の学生19名と地元の高校生2名で、

「山武の魅力」探しを行う

3泊4日のフィールドワークです。

 

企画から運営すべてを学生たち自らが仕切り、

市内の各商業者、農業者から話を伺いそちらの

成果発表を行うというものでした。

 

今回、私はさんむエコノミックガーデニングとして

こちらのGSPをバックアップさせて頂いたワケですが、

ヨソ者である大学生が本気で山武市の事を考えている

場面に携わり、その熱量に圧倒されてしまいました。

3泊4日のフィールドワークを経て、いざ成果発表の場へ

実際の活動内容については

彼らのfacebookページがあるので、

そちらで確認して頂いた方が良くわかるかと。

 

こちらでは、携わった側の人間として

成果発表の場で感じたことを書きたいと思います。

21人の学生を

市内目線

市外目線

グローバル目線

という3つの視点に分けてグループ分けし、

 

それぞれの視点から感じたことを

発表するという内容でした。

 

当日は、

成果発表の後にEGさんむのシンポジウムが控えており、

 

シンポジウム関係者も学生たちの発表を聞くために

早めに会場入りしておりました。

 

学生たちにとっては思いもよらず

沢山の山武市民の前で成果を発表する

カタチとなりました。

学生が自ら考えた企画。オトナはどこまで手を出すべきか。

発表後の様子。参加者の中には思いを上手く伝えられず涙する学生も。

 

今回、こちらのGSPという企画を通して感じたことは、

山武には何も関係のないごく普通の大学生が、

 

3泊4日という短い時間ではあるが、

その時間を通じて山武で経験したことはきっと

彼らにとっては凄く良い経験になった

であろうということです。

 

ですが、

企画の段取りの段階から携わってきた

私を始めとしたEGさんむのメンバーとしては、

 

大人として手を出しすぎたのでは?

 

という疑問も残る内容となりました。

 

もっと学生達だけでやらせてあげても良かったのではないか

タイムスケジュールを詰め込みすぎたのは?

 

等、色々と反省点の残るものも事実。

 

今回は、せっかく東洋大学の学生たちが、

この山武市という場所に興味を持ってくれたので、

良くしてあげたいという気持ちが勝ったという所

だと思います。

 

GSPに参加した学生は学部をまたいだ

1~4年生まで、色々な子たちでした。

 

終わった後に彼らの話を聞いていると、

また是非参加したいという声もあるようです。

 

こんな素敵な企画、

1回で終わらせるのは凄くもったいない。

 

是非、みなさんまたやりましょうね。

 - イベント情報, エコノミックガーデニング, コラム 木のこと家のこと, 山武市情報, 趣味記事 , , , , ,